日経CNBCの詳細情報

0
件の口コミがあります!(2024/05/27現在)
日経CNBC
サイト名 日経CNBC
口コミ評価
0.0
       

 

最近は自分で情報を手に入れるためのツールが増えています。

身近なところで言うと、テレビ番組は衰退し、代わりのエンタメとしてYouTubeやティックトックが登場しています。

 

投資に関しても以前のようにニュース番組で情報を見ることは激減しました。

現在は専門チャンネルが登場するなど、欲しいニュースを自分で取りにいく時代になっています。

 

そこで、今回はマーケット・経済専門チャンネルの『日経CNBC』をご紹介します。

日経CNBCは誰もが気軽に最新情報を知るためのツールです。

 

株式投資についての情報がもっと欲しかった人や、投資家が何を見て株情報を手に入れているのかが気になっていた人は、ぜひ最後までお読みください。

 

また、当サイトでは株取引を手助けしてくれる投資顧問や株情報サイトをおすすめしています。

現在おすすめの株情報サイトはボタンを押してご確認ください。

 

 

マーケット経済専門チャンネルの『日経CNBC』とは?

 

日経CNBCは24時間「いつでも」「どこでも」経済がわかる専門チャンネルです。

日本経済新聞社と米国の4大ネットワークのひとつであるNBCの子会社『CNBC』が中核になり、1999年(平成11年)10月に開局しています。

 

ボーダーレス化がすすむ世界経済を迅速かつ正確に案内しているとして、日経CNBCは高い評価を得ています。

現在は日本全国で視聴可能世帯は500万世帯にのぼっているそうです。

 

界隈でもよく見る日本経済新聞社のサービスなので安心感がありますね。

▼日本経済新聞社の企業ホームページはこちら

 

日経CNBCの『日経チャンネルマーケッツ(NIKKEI Channel<markets>)』

 

そんな日経CNBCでは2012年に日経チャンネルマーケッツを解説しています。

日経チャンネルマーケッツはインターネットで放送内容を配信するサービスで、忙しくて経済ニュースを見ることのできなかった社会人を中心に話題となっています。

 

YouTubeのようなもので、テーマから見たい番組を絞り、ニュースを見ることができます。

本業の関係で日中のニュースを追うことが難しいような副業トレーダーにとって便利なサービスで、かなり需要が高そうです。

 

※日経チャンネルマーケッツは2020年03月27日にサイトURLとサービス名を変更しています。

変更後は『日経CNBConline』として運営されています。

 

日経CNBCの『日経CNBConline』

 

2012年に開設された『日経チャンネルマーケッツ』。

そのコンテンツをそのままに、サービス名を変更したのが日経CNBConlineです。

 

日経CNBConlineになったことで利用者の目的に適した番組をより早く見つけることができるようになったとのこと。

昔はWEBだけの配信だったのが、名前が変わってアプリ版も登場しています。

 

記念キャンペーンで入会金無料などの特典もあり、見逃せません。

この先もユーザーにとって便利になっていくこと間違いナシですね。

 

日経CNBCの口コミ評価

 

サービスのアップデートを重ね、便利になっていく日経CNBC。

そんな日経CNBCを利用者はどのように評価しているのでしょうか。

 

ここでは紹介サイトや掲示板に投稿されてる利用者の意見を見ていきましょう。

 

仕事終わりにチェックできるので便利です。ネット環境があれば経済ニュースを知ることができるので通勤電車でチェックしています。

 

勉強だと思って番組をみているのですが難しいですね。内容を理解するほどの知識がないと無駄になるのかもしれないと思ったので最近は投資スクールや株情報サイトも調べるようになりました。

 

投資はやってないけど【投資のヒント】で事業内容や最近の相場については確認してる。あれだけ見ておけば営業先でとりあえず会話できたりするので便利だなと思ってる。

 

日経CNBCの口コミは良い感じですね。

株式投資というよりも、最近のニュースを知るために番組を観ている人も多いようです。

 

しかし、利益を得るためには違うサービスを使う方が効率が良いとの口コミも見受けられます。

日経CNBCは急騰株を知るのにピッタリというものでは無いみたいです。

 

最近は急騰株を案内している株情報サイトが次々と登場していますが、利益を得るにはそういった専門のサービスを使うのがベストなのかもしれません。

 

 

日経CNBCの利用方法は?

 

WEBでもアプリでも閲覧できる日経CNBCの番組はどうやって見ることができるのでしょうか。

調べてみたところ、会員登録などは必要ないみたいですね。

 

ウェブ版とアプリ版で利用方法が少しだけ違ったので、まずはウェブ版の利用方法からご紹介します。

 

日経CNBC(WEB)の使い方とは?

 

WEB版の使い方は非常に簡単です。

インターネットの検索窓を開き、検索バーに『日経CNBC』と入力するだけ。

 

そうすると公式サイトが出てくるのでカテゴリーから【動画】を選択してください。

動画は℗と書かれた会員限定動画以外を、誰でも無料で見ることが出来ます。

 

サイト内では番組名や出演者、キーワードで動画を検索することが出来ます。

目的の動画がある場合は検索を活用して、いち早く知りたい情報を手に入れましょう。

 

日経CNBC(アプリ版)の使い方とは?

 

アプリ版はアプリケーションのダウンロード(DL)からはじまります。

お使いのスマートフォンにて、ストアを開き、アプリをDLしてください。

 

アプリをDLしておくことで、配信された動画をいつでも素早く閲覧できます。

ただ、アプリ版にも会員限定動画があるようですね。

 

会員限定動画は日経CNBConlineに加入することで見ることが出来ます。

 

日経CNBCの有料サービス『日経CNBConline』の契約期間や料金とは?

 

日経CNBCには会員限定動画が用意されています。

会員限定動画は有料サービスの『日経CNBConline』に加入することで閲覧できるみたいです。

 

日経CNBConlineは月額1,650円にて利用できます。

ひと月に1,500円程度なのでYouTubeやAmazonのサブスクと似た感じですね。

 

会員になると速報と解説を制限なしに見ることが出来ます。

いち早く希望する情報を手に入れたいと考える投資家におすすめです。

 

日経CNBCの紹介まとめ

日経CNBCのポイント

今回は経済・マーケットの専門チャンネル『日経CNBC』を紹介しました。

日経CNBCは日本経済新聞社を主軸に開設しているサービスです。

 

専門的な経済に関する情報をほとんど0円で閲覧できる動画チャンネルで、YouTubeのように「ユーザー自身が興味のある話題」を検索し、それに準ずる解説動画を見ることができます。

解説動画は基本的に無料で見ることができます。

 

しかし、一部だけ有料の限定動画があるみたいです。

 

限定動画は日経CNBConlineの会員になることで閲覧できます。

日経CNBConlineの有料会員は月額1,650円で登録ができるみたいです。

 

調べてみると日経CNBCのサービスは口コミも含めて悪くありません。

口コミでは「基本的に無料で利用できる」というポイントに対して、多くの投資家が高評価を付けていました。

 

ただ今回の調査では日経CNBCで提供されるサービスが利益に直結しないことが分かっています。

マーケットの解説動画を見ても成果を出せる投資家が非常に少ないことを考えると、儲かる株サイトとしておすすめすることは出来ません。

 

また、日経CNBCのサービスは検索キーワードを自分で選ぶことになります。

自分が気になった情報を得るためのサービスでもあるため、獲得情報が偏りそうなのが心配です。

 

バランスよく閲覧できる投資家ならともかく、初心者などは苦労するかもしれませんね。

そういった意味でも当サイトで日経CNBCの利用を推奨するのは躊躇してしまいます。

 

当サイトでは誰もが直ぐに使える便利な株サイトの利用を推奨しています。

こちらには今おすすめの株情報サイトをピックアップしておいたので、株トレードにお悩みの方はご参考ください。

 

 

日経CNBCの会社概要・詳細

日経CNBC
サイト名 日経CNBC
口コミ評価
0.0
サイトURL https://www.nikkei-cnbc.co.jp/
運営会社 株式会社 日経CNBC
電話番号 03-6636-7908
Eメールアドレス online-info@nikkei-cnbc.co.jp
       

日経CNBCの投資実績

銘柄コード 騰落率 獲得利益

日経CNBCの口コミ・評判

日経CNBCの口コミ投稿フォーム