キッチンカブーの詳細情報

58
件の口コミがあります!(2022/05/23現在)
キッチンカブー
サイト名 キッチンカブー
口コミ評価
2.7
2.7 rating

キッチンカブーの投資実績

銘柄コード 騰落率 獲得利益
3680 ホットリンク 6% -250000円
3672 オルトP 28% 163000円
3385 薬王堂 2% 6500円
8358 スルガ銀行 15% -800000円
9820 エムティジェネックス 7% -450000円

キッチンカブーの口コミ・評判

3.0 rating
2020年12月1日

特選3銘柄微妙なこと多いですよね~
やっぱ数打てばあたるってスタンスなのかな

匿名
2.0 rating
2020年10月23日

今日の特選銘柄ぼろぼろじゃねえかwww
1447 ITbook
7779 サイバダイン
4475 HENNGE
HENNGEに至っては-10%近く下がってる(笑)

匿名
3.0 rating
2020年9月25日

老舗だから良いってことはないですが、キッチンカブーを使ってる方は多いのではないでしょうか?
会員登録なしで、ここまでの情報がみれるのは確かにここだけですよね
ただ、投資初心者には向かないかも?

昔からある会社ですね
3.0 rating
2020年9月17日

無料コンテンツが多いから、有料つかうまでもないかなって長い事使わせてもらってます。
ネットでみたんだけど、有料会員でも勝率5割くらいらしいですよ~

匿名
3.0 rating
2020年9月6日

他人の意見に振り回される人はここの情報は合わないと思います。

匿名
3.0 rating
2020年7月7日

よくここのサイトで掲載されてる銘柄つかったりしてます
結局は、自分の力量次第ですね
あと銘柄を選別できる能力!

匿名
3.0 rating
2020年7月2日

そんなに悪い会社じゃないと思うけど、過去に悪さしてていまも叩かれてる感じみたいですね

匿名
3.0 rating
2020年6月24日

デイトレには結構使えるけど、そのほかは全然ダメかな。

匿名
2.0 rating
2020年5月28日

まっとうっちゃまっとうなんだけど、なんか物足りなさがあるんだよね。個人的には、ベストの情報が自分に一番あってるかな!

匿名
2.0 rating
2020年5月28日

コンテンツが多いってだけで、集客を図る低俗サイト

匿名

キッチンカブーを徹底検証

 

Kitchen Kaboo(キッチンカブー)は老舗の投資情報会社です。

かなり昔から存在しているので、今回は新しく入手した最新情報を交えて紹介していきたいと思います。

 

結果としてキッチンカブーは現在まで多くの投資家が参考にしてきた株サイトでした。

詐欺などの噂は時おり浮上しているものの、金商剥奪や行政処分といった処罰は受けておらず、悪質株サイトではないと言えるでしょう。

 

とはいえ、得意不得意があるのでしょう。

キッチンカブーの噂は最近ほとんど見かけることがありません。

 

どうやら案内情報が現在の相場には適していないことが原因のようです。

相場が落ち着けば話題に昇るかもしれませんが、今は参考にしないほうが良い株サイトであるということですね。

 

ちなみに当サイトでは今の株式投資にオススメの株サイトをご案内しています。

参考にすべき株サイトはこちらよりご覧ください。

 

話は戻りますが、この記事ではそんなキッチンカブーで、どんなサービスが案内されているのか。どんな投資家におすすめなのか。をご紹介しています。

株サイトにお悩みの投資家はぜひご覧ください。

 

キッチンカブーとは?

 

歴史のある株サイトを見ていくのは緊張しますね。

まずはキッチンカブーはどんな株サイトなのかを簡単にご紹介します。

 

キッチンカブー(Kitchen Kaboo)はNSN株式会社が運営する投資顧問です。

過去に検証したTMJ投資顧問などと比べると創業からの歴史が長く、創立年数は2022年現在で16年以上になります。

 

関東財務局長(金商)第2365号を保有しているので安心感がありますし、なによりもキッチンカブーは無料コンテンツが他の株情報サイトに比べて豊富という特徴を持っています。

本格的に契約料金を支払う前にサービスを体験することが出来るのはありがたいですね。

 

きっと今も「キッチンカブーを使ったことがある投資家」は界隈に数多く存在していることでしょう。

最近は個人情報を登録するのに躊躇するようなほど悪質株サイトが増えているので、実際の提供サービスを体験した後に本格的に利用していくかどうかを検討できるのは最高です。

 

しかし、キッチンカブーを覗いてみると素敵な特徴があるが故の悩みが散見されました。

どうやら利用者は「情報量が多すぎてどれを使えば良いか分からない」「ホームページが見ずらい」「提供銘柄が塩漬けになった」「助言が一切とどかない」などの悩みを抱えているようです。

 

信頼できる株サイトに見えるからこそ、裏切られた気分ですね…。

会員のことをまるで考えていない会社の運営形態に疑問すら感じさせられます。

 

さらにネット上にある口コミでは、誇大広告、捏造、推薦銘柄の暴落など、かなりマイナスな投稿が目につきます。

この内容が事実ならばキッチンカブーは悪徳だと判断せざるおえません。

 

そう考えていたところ、キッチンカブーの炎上履歴を発見しました。

キッチンカブーは過去に架空の仕手株投資で嵌め込みを行い、2chのコミュニティで炎上した経歴があったことが判明しました。

 

はじめの印象が一変。

かなり怪しい会社な気がしてきましたね…。

 

キッチンカブーの代表者【鈴木正剛】

 

怪しさ満載のキッチンカブーは一体どんな人物が運営しているのでしょう。

代表取締役である鈴木正剛を経歴からチェックしてみることとします。

 

【鈴木正剛(すずき まさとし)】

1954年生まれ。
証券会社、「産業と経済」編集記者を経て、2000年より現職であるKitchen Kaboo代表に就任。デイトレードを中心に、株式投資に役立つ情報をインターネット上で毎日配信しています。

 

鈴木正剛は、元株式情報誌の記者のようです。

地道に多数のコンテンツを毎日埋めてくれていたので、個人的には高めに評価したいと思いました。

 

しかし、情報が多すぎるが故に精度が低くなっている現状は否めません。

利用者クチコミから読み解くに、配信情報が「塩漬け」になってしまっていることも多々あるようです。

 

使えない情報が大半なのは投資助言サイトとしていかがなものか…。

ましてや、自社から発信した株情報にサポートが出来ていないというのは利用する会員の不満が溜まってしまうのも当然だと言えるでしょう。

 

また、サイト上には代表である鈴木正剛氏の名前しか掲載されていませんでした。

サポートを怠っていたとしても、提供されている数多くのコンテンツを一人で更新しているはずもなく、果たしてこの会社はどれくらいの規模で運営を行っているのか気になります。

 

サッと調べてみると、キッチンカブーの運営を行っている社員の大半は、元TCC投資顧問の残党という悪めのウワサも判明…。

これは危険かもしれませんね。

 

TCC投資顧問と言えば、今は倒産してなくなった会社ですが、助言会社として顧客の嵌め込みを行っていた会社として名が知れた会社でもあります。

 

当時、新聞のスポニチでもTCC倒産と大々的に掲載されていたいましたので、 もしかしたら記憶に残っている方もいるかもしれませんね。

 

これが真実であるか、ウェブ上を虱潰しに探してみたのですが、TCC投資顧問とキッチンカブーの繋がりは、TCCが数年前になくなってしまった会社ですので、記事も少なく検証することができませんでした…泣

 

確証がないため、噂として頭に入れておく程度で大丈夫かと。

 

しかし、こういう良くないウワサが出回ってるという自体が、世間はその程度の会社だという認識を強めてしまう原因になりかねません。優良な投資顧問ですら、「銘柄があたらない」「サポートがなってない」など悪評はある訳ですし、キッチンカブーの場合は固有名称でTCCと出てしまってる以上、過去になんらかの繋がりがあったのかもしれませんね。

 

また、口コミ掲示板をみていたら、キッチンカブーのことを「まぬけカブー」「恥カブー」「バカブー」「ダメブー」などと呼ばれており、こういったところからも助言能力の低さを伺えます…。

 

 

 

こんなサイトまで存在している始末ですし、社名をもじられて馬鹿にされている情報会社を一体誰が利用したいと思うのでしょうか。

 

次に、ホームページのドメインを確認してみました。

 

 

ホームページの会社概要には、平成12年が創立と記載されていましたが、サイト自体が作成されたのは平成17年の4月4日と異なった日にちがドメインで判明しました。

 

悪徳投資顧問の特徴でもある創業年数の詐称の可能性がでてきてしまいましたね…。ホームページの作りなどからも、ガラケー時代のサイト風に作られていますし、サイトが新しく作成されたとはかなり考えにくいです。

 

安易に老舗だからと信用し、手を出すのは少し危険な会社なのかもしれません。

 

次に、キッチンカブーの無料・有料サービスについてです。

 

【無料コンテンツ】

 

※キッチンカブーの無料コンテンツはかなりの量があり、全てご紹介しきれない程の項目が存在しますが、 鈴木正剛氏が元記者とのこともあり、文章の読みやすさや、内容はそれなりに評価できるものかと思います。

 

①デイリーセレクション

※市場開催日に以下の12項目のコンテンツが時間別に更新されます。

本日の特選3銘柄 こだわりブレックファースト 東京市場の展望 新興市場株狙い候補株
株価追う楽Table チャートあ・ら・かると Go-Goニュース(速報!人気株) 今の狙い・上昇期待株
これが噂の速報版 おすすめランチ お楽しみ兜町ディナー 指標別売買サイン(東証)

 

②ウィークリーセレクション

※市場開催日に以下の6つのコンテンツが曜日によって更新されます。

 

・月曜 IPO銘柄研究
・火曜 勝つための“投資戦略”を探る
・水曜 ポジショントレード
・水曜 中期期待株を探る
・木曜 NOWおいしい銘柄
・金曜 街の噂・気になる話

無料コンテンツは合計18項目ありました。

 

この項目の中には、無数に推奨銘柄が記載されており、投資初心者だけに限らず「どれを選べばよいかわからない」という考えに利用者の大半が至ってしまうようです。

 

たくさん提供してくれることは有難いことなのかもしれませんが、あまりに多すぎるのも問題ですし、自身がないのでは?と逆に私は感じてしまいますね。

 

【有料コンテンツ】

 

①カブーフレンズプログラム

カブーフレンズは、儲けるために必要な有益情報の宝庫です。運用のための知恵もいっぱいです。毎日通信を見て、そして一定期間読み続けた人が利益を得る。利益重点型の投資を目指す方の希望を叶える内容になっていますとのこと。

◇購読料金◇

1ヵ月の定額制であり、料金は8078円~(1日約270円)

 

※カブーフレンズでは見本ページが公開されており、その内容を見てみると淡々と銘柄が記載されているものであったり、日経新聞に書かれているような内容であったりと毎月8000円もの金額を出してまで見る価値があるようには思えませんでした。

 

無料ページを見てから、さらにカブーフレンズを見てしまうと更なる迷いが生まれそうですね。笑

 

また、Twitterの更新も定期的に行っているようですが、過去のツイートを遡ってみるとまさかの「自己責任自己責任自己責任」と連投していました…。

 

情報会社として明らかに自信なさげで、すでに逃げに走っていますね。

 


プロとして恥ずかしいと思わないのでしょうか?

 

また以前は、「初歩からの株式投資講座」という有料プランが存在したみたいですが、現在はホームページからその情報は抹消されている模様。受講料金は2万8000円~でした。

 

以上が有料サービスになります。


今後のKitchen Kabooの動向につきましては、私は追い続ける予定ですので、検証・公開を随時行っていきたいと思います。

 

ソーシャルメディアでのご共有もご自由にどうぞ!

キッチンカブーの会社概要・詳細

キッチンカブー
サイト名 キッチンカブー
口コミ評価
2.7
2.7 rating
サイトURL kitchen@kaboo.co.jp
運営会社 NSN株式会社
電話番号 048-600-0677
Eメールアドレス info@kaboo.co.jp

キッチンカブーの口コミ投稿フォーム