気になるバイオ関連!アイロムグループが急騰!

気になるバイオ関連!アイロムグループが急騰!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の延長は、今日の相場状況を見た感じ、今のところはネガティブに捉えられていないようですね。

 

 

 

むしろ、セルインメイ(株は5月に売れ)なんて相場格言もありますが、今日の東証1部の売買代金は概算で1兆0100億円程。

 

 

取引が活発に行われているかどうかの判断基準は約2兆円だといわれていますが、コロナウイルスの影響もあり、どちらかというとそもそも投資自体を手控えている投資家が多い印象です。

 

 

 

国内相場の動向は、現状の感染を折り込みアフターコロナを意識してきているのでしょうかね。

 

 

 

そして、今最も注目度が高いとされているバイオ関連銘柄が面白い動きをしてきました。

 

 

 

★管理人新藤のバイオ監視銘柄

銘柄名 株価 前日比
(2191) テラ 537.0(5.8) +80.0(+17.51%)
(2372) アイロムグループ 1,925.0 -229.0(-10.63%)
(2395) 新日本科学 709.0 +36.0(+5.35%)
(4563) アンジェス 1,310.0 -213.0(-13.99%)
(4974) タカラバイオ 2,470.0 +1.0(+0.04%)
(7707) PSS 1,066.0 -31.0(-2.83%)

※今日の11時頃調べ

 

 

(4563)アンジェスなんかは、当掲示板でもオススメしている投資顧問ベストで提供してもらい1.99倍上昇し、利益がまさかの200万円越えでした!

 

AI投資!話題のアンジェスで含み益!

 

 

(2191)テラも、4月の月末に投資顧問プランで連日S高を獲得。現在は、異彩の人気を放ち6営業日連続ストップ高でまさかの値幅制限上限されています。

 

緊急事態宣言延長の検討!気になる治療薬関連銘柄!

 

投資のプロも今、間違いなくバイオ関連は一目を置いているテーマの一つだと思います。

 

 

 

ちなみに、今日行われた衆議院予算委員会の集中審議で、これらバイオ関連の企業や大学の功績もあり、7月には新型コロナウイルスワクチンの治験を開始できると見通し発表。

 

 

 

 

 

 

米国ではすでにワクチン投与が始まっているらしく、日本のアヒガンも今月中の承認を目指すとのこと。

 

 

 

国民の70%以上が免疫を獲得するためにはワクチン接種が欠かせないでしょうし、一刻も早い終息を願うばかりです。

 

 

 

そんな中、投資顧問四季から先月末に頂いた【2372】アイロムグループが大幅高!

 

 

 

アイロムグループも先ほどの監視銘柄に入ってましたね。

 

 

100%子会社のIDファーマと国立感染研究所との新型コロナウイルスに対する新規ワクチンの共同開発に関して、、研究開発を進めるために必要な文部科学省への第2種使用等拡散防止措置確認申請を行ったと発表しており、その後もバイオ関連買い漁りもあり大幅に株価が上昇。

 

 

 

そして、良いタイミングで四季担当者から売却の指示があり先週末1.91倍という株価で利確しました。

 

 

 

今回は、アンジェスの急落に便乗するように、その他の関連銘柄が下落していったので、かなり際どい取引でしたね。

 

 

これも、プロのみが成す技ということなのでしょう。

 

 

 

おかげ様で、こうして利益を稼げることができたので、この記事をご覧いただいている皆様も是非利用を検討してみてください。

 

 

 

株式投資を学べ、さらに利益まで稼げる。

 

 

 

こんな美味しい話他にはないですよ(*^-^*)

 

 

ソーシャルメディアでのご共有もご自由にどうぞ!