黒岩泰の詳細情報

3
件の口コミがあります!(2024/06/22現在)
黒岩泰
サイト名 黒岩泰
口コミ評価
1.7
       

黒岩泰氏は、株式会社『黒岩アセットマネジメント』の代表取締役を務めていた人物です。

株式アナリストとしてメディアなどに出演し、運営会社やサービスと共に知名度を上げていましたが、現在はほとんど掲示板等で話題に挙がることが無くなっています。

 

運営していた『黒岩アセットマネジメント』も公式サイトによるサービスの提供を終了し、サービスのひとつであった個人ブログ『黒岩の眼』の運営だけに縮小しているみたいですね。

▼黒岩アセットマネジメントの詳細はこちら

 

今回は、そんな黒岩泰氏を調べて紹介することにしました。

黒岩泰氏の経歴や関連サービス、口コミ評価など、調査検証の結果は当記事をご覧ください。

 

また、当サイトでは株式投資での獲得利益を期待している投資家におすすめの株情報サイトをご案内しています。

100社以上の検証調査で見つけた優良株情報サイトは、ボタンを押してご覧ください。

 

 

黒岩泰(くろいわ やすし)とは?

 

黒岩泰氏は、黒岩アセットマネジメントの代表取締役を務めていたアナリストです。

慶応大学を卒業後、山一證券、フィスコ、マーケットバンクなどを渡り歩き、独立を果たした人物のようで、2010年代に社名と同名の運営サービス『黒岩アセットマネジメント』と共に話題となりました。

 

黒岩アセットマネジメントと言えば、過去に紹介した【向後はるみ】氏が1年だけ所属していた会社ですね。

株1グランプリの優勝者がたった1年で解雇になるような会社なので、当時の黒岩アセットマネジメントの実力は相当凄かったのではないでしょうか。

 

しかし、現在『黒岩アセットマネジメント』は公式サイトを閉鎖しています。

投資サポートの提供も会社としてはおこなっておらず、唯一残っているのは黒岩泰氏が記事を書いている個人ブログ『黒岩の眼』だけのようです。

 

▼黒岩アセットマネジメントの調査検証はこちら

 

黒岩泰の個人ブログ『黒岩の眼』とは?

 

黒岩の眼は、黒岩アセットマネジメントの窓勝会会員に提供されていた元有料コンテンツです。

もともとは無料で提供されていた、黒岩泰氏のマーケット分析が掲載されたブログだったのですが、彼のメディア戦略が上手くいき知名度が高まったところで急に有料へと切り替わってしまいました。

 

それが黒岩アセットマネジメントの閉鎖により、再び無料で提供されているようです。

せっかくなので記事を読んでみたところ、記事の最後には『裏・窓理論』や『黒岩の眼(有料版)』といった黒岩泰氏個人の有料サービスに誘導していることが分かりました。

 

このことから、現在の『黒岩の眼』は、黒岩泰氏の懐を潤すための有料サービスを案内するコンテンツだと言えるでしょう。

 

黒岩泰氏の有料サービスに関する口コミは見つけることが出来ず、参考にしたところで期待ほどの利益を獲得できる可能性は低いです。

無料で『黒岩の眼』を参考とする場合は問題がありませんが、有料サービスの利用にはお気を付けください。

 

黒岩泰の口コミ評価

 

そんな黒岩泰は現在、サクセスクラブ投資顧問でアナリストを務めているようです。

掲示板やSNS、YouTube、レビューサイトを見てみたところ、下記のような口コミ評価が投稿されていました。

 

黒岩泰ってアナリストを自称しているけど、何のアナリスト?日刊ゲンダイの記事も間違いだらけだし、参考にしていたらいつまで経っても株式投資なんて始められないよ。

 

黒岩アセットマネジメントを潰して?からの勢いがないですね。守りに入った感じが強くてサクセスクラブ投資顧問での案内も参考になることは無さそうだなと感じています。

 

黒岩の眼は見るだけ見ています。内容を参考にして銘柄を買い付けようと思うことは無いけど、無料で読める部分だけを確認して自分のトレードに活かせないかは常に考えています。ちなみに黒岩さんの過去のパフォーマンスはマイナス200%になっているらしいです。さすがwwww

 

黒岩泰氏の口コミ評価は悪いと言えるでしょう。

代表を務めていた黒岩アセットマネジメントでのやらかしが悪い評価に繋がっているようで、投資家からは厳しめの口コミが数多く投稿されています。

 

また、日刊ゲンダイでの連載は「間違っている」として有名なようです。

読み物として楽しんでいる人もいるようですが、黒岩泰氏が書いている日刊ゲンダイの記事を株式投資の参考としている人はいないことが分かっています。

 

黒岩泰氏は怪しい?投資家からの信頼が皆無な理由とは?

 

黒岩泰氏がここまで株式投資の参考とされていないのは何故なのか。

調べてみたところ、黒岩アセットマネジメントでの失態が信頼関係に傷をつけたことが分かりました。

 

黒岩泰氏は黒岩アセットマネジメントの代表取締役として、下記の失態を犯しています。

 

黒岩泰氏の失態
①トレードルールを無視した推奨でパフォーマンスが-200%を越えている

②社債の償還日を過ぎてもお金を返さない

 

一体どういうことなのか。

分かり易いように解説していきます。

 

①トレードルールを無視した推奨でパフォーマンスが-200%を超えている

 

黒岩泰氏は、黒岩アセットマネジメント時代にYahoo!ファイナンスの人気コンテンツ『投資の達人』にて株予想を公開していました。

 

投資の達人はアナリストが高騰すると予想した銘柄を入力することによって、投資家がアナリストの勝率やパフォーマンス値を確認できるコンテンツです。

2010年ごろに勝率の高さがウリな投資顧問や株情報サイトに所属しているアナリストたちの多くは、その実力を示すために『投資の達人』で株予想を行っていた気がします。

 

その投資の達人の中で、黒岩泰氏は投資家を騙すためにズルをしていたようです。

黒岩泰氏は、公開買い付け(TOB)などが行われることが分かっている”必ず株価が高騰(急落)する銘柄”を予想に盛り込むことで、パフォーマンスの数値を上げていたようです。

 

たしかにパフォーマンス値や勝率は上りますが、これは予想でも何でもありません。

このような悪事を働いた黒岩泰氏には「信用できない」「株式投資のルールも知らんのか」との声が挙がっています。

 

ちなみに、現在はこのズルが発覚して数値が修正されています。

2017年には+56.9%と掲載されていた、黒岩泰氏のパフォーマンス値は2023年現在-287%になっています。

 

ここまで酷い結果を出すアナリストに教わることは何もありませんね。

 

②社債の償還日を過ぎてもお金を返さない

 

また、黒岩泰氏は社債の元本を投資家に返済しなかったことがSNSで暴露されています。

この暴露があったのは2018年のことです。

 

暴露者によると、2015年6月に届いた黒岩アセットマネジメントからの「社債のお願い」に対して、1口分(100万円)の送金をしたところ、償還日になっても送金が無かったそうです。

元本が返ってきていないことを連絡すると、「償還は難しい」「分割でお願いしたい」との返信が届いたそう。

 

これに対して暴露者が「支払えるだけのお金と会社の決算書を送ってほしい」と伝えたところ、音信不通になったのだとか。

これは非常に不誠実で酷い話ですね…。

 

ちなみに2023年現在も、暴露者にお金(元本と利子)が返ってきたという情報は確認できていません。

黒岩泰氏はサクセスクラブ投資顧問にてアナリストとしての活動を続けていますが、過去の悪行を考えると株式投資の参考にしたいと考える投資家はいないと言えるでしょう。

 

黒岩泰の経歴/プロフィールは?

 

そんな黒岩泰氏の経歴はこちらでご覧いただけます。

 

▼黒岩泰氏の経歴/プロフィール

1992年に慶應義塾大学経済学部を卒業。
その後、山一證券、フィスコ、マーケットバンクを経て、独立。

2009年3月に株式会社黒岩アセットマネジメントを設立し、代表取締役に就任。
独自の「窓・壁・軸」理論をテーマにテクニカル分析を極める。

2018年ごろからは『サクセスクラブ投資顧問』にアナリストとして所属。

 

経歴からは有名証券で経験を積んだ、元証券マンの投資家であることが分かります。

山一證券、フィスコ、マーケットバンクなど、いずれも素晴しい会社ですよね。

 

しかし、調べてみると黒岩泰氏の経歴はすべて自称であり、実際に在籍していたという証拠がないようです。

黒岩泰氏はメディアにも出演しているため、うっかり信じてしまいがちですが、経歴が嘘である可能性は非常に高いです。

 

この経歴を信じて『黒岩アセットマネジメント』をはじめとした関連サービスを利用するような真似は、絶対にしないよう、お気を付けください。

 

黒岩泰の関連サービスは?

 

現在、黒岩泰氏はサクセスクラブ投資顧問にてアナリストを務めています。

その他に下記のようなサービスとの関りがあるようです。

 

 

サービス名 内容 利用料金
関連企業/関連人物
黒岩アセットマネジメント(閉業?) 黒岩泰を代表取締役兼アイコンとして、的確かつ迅速な投資アドバイスを提供している。 成功報酬制
第2金曜日の終値で月に1回計算をし、評価損を除いた実現益の約 20%が契約料金となる。
向後はるみ
サクセスクラブ投資顧問 投資を楽しむことを目的として親しみやすい株情報を提供している。 ・窓勝会
1年 99,000円・黒岩塾
11,000円・単発銘柄情報サービス【個人投資家が持つべき8銘柄】
50,000円・直接助言会員
成功報酬制(評価損を除いた実現益の約 20%)
枝川勇斗
片寄敬三
黒岩の眼 黒岩泰の個人ブログ(サクセスクラブ投資顧問の提供サービスを案内している可能性あり) ・黒岩の眼(窓勝会)
1年 99,000円・全体相場に関する相談
10,000円・個別銘柄に関する相談
10,000円
なし
書籍 『究極のテクニカル分析』『株式投資の最終兵器 黒岩流「窓・壁・軸理論」』『「eワラント」必勝テクニック―フィスコトップアナリストが直伝!』などの4冊 280円~ 藤井英敏

インデックスコミュニケーションズ
オーエス出版

黒岩投資チャンネル(Youtube) 黒岩泰氏が投資に関する様々な情報や独自理論などを発信している。 無料 なし

 

黒岩泰氏の関連サービスは酷似しています。

アナリストとして所属しているサクセスクラブ投資顧問は、ほぼ黒岩アセットマネジメントだと言っていいでしょう。

 

また、黒岩の眼では”サクセスクラブ投資顧問で案内しているようなサービス”が違う名前で案内されているようです。

 

株式投資の有料サービスで契約料金の返金が認められることは、ほとんどありません。

同じサービスを契約してしまっても、サービスが期待したようなもので無かったとしても、契約料金が無駄になるだけなのでご注意ください。

 

黒岩泰の調査検証まとめ

 

調査検証の結果、黒岩泰氏は株式投資の参考にならないことが分かっています。

黒岩泰氏は元証券マンで、黒岩アセットマネジメントで代表取締役を務めたのち、現在はサクセスクラブ投資顧問でアナリストとして活動をしている人物です。

 

山一證券、フィスコ、マーケットバンクなど華々しい証券会社で経験を積んでいることもあり、一見は参考になりそうですが、代表取締役を務めていた黒岩アセットマネジメントの酷い実態が明らかになっており、株式投資の参考としておすすめすることは難しいと言えるでしょう。

▼黒岩アセットマネジメントの調査検証はこちら

 

そもそも黒岩泰氏は、Yahoo!ファイナンスの『投資の達人』でパフォーマンス値-287%を叩き出すような人物です。

アナリストとしても実力がまったく無いため、参考になるようなことが無いとも言えるでしょう。

 

現在はサクセスクラブ投資顧問でアナリストとして活動していますが、その提供サービスも黒岩アセットマネジメントと被っている部分が多く、実態が非常に怪しい投資顧問だと言えそうです。

▼サクセスクラブ投資顧問の調査検証はこちら

 

このことから黒岩泰氏ならびに、黒岩泰氏の関連サービスの利用はできるだけ避けるべきだと言えるでしょう。

当サイト『投資詐欺緊急ホットライン』では、調査検証をおこない、運用に便利な株情報サイトだけをご案内しています。

 

株式投資でお悩みの場合は、下記のような優良株情報サイトを参考とすべきだと言えるでしょう。

利用者からの口コミ評価も高い優良株情報サイトはこちらよりご参考ください。

 

 

黒岩泰の会社概要・詳細

黒岩泰
サイト名 黒岩泰
口コミ評価
1.7
サイトURL https://www.madohige.com/blog
運営会社 黒岩泰
電話番号 不明
Eメールアドレス 不明
       

黒岩泰の投資実績

銘柄コード 騰落率 獲得利益

黒岩泰の口コミ・評判

2024年6月21日

山一証券に勤めていましたが、この人物、本名かどうかわかりませんが、在籍していたとは思えません。同期でも、黒岩という苗字を知っている人はいません。

多分、廃業したからばれないと思っているのでしょうが、自称山一證券出身ですね。

山一のOB
2023年10月19日

黒岩自体は動いていないけど、こいつの弟子を使って金を騙し取ったりしているようだ。

ウルフ村田は敵対サービスなのかな。詳しくは分からないが、どちらにも良い印象は無い。

星野
2023年10月13日

黒岩さんが懐かしすぎる。

たしかTwitterはかなり更新されていますよ。

ウルフさんに絡まれることが無いので目立たないですけど(笑)

青木

黒岩泰の口コミ投稿フォーム